Top > 美容 > 歯磨き粉がもつ役割について

歯磨き粉がもつ役割について

歯磨き粉には一般的に、汚れを落としやすくするための研磨剤と、
清涼感を出す香料が含まれています。基本的に、歯磨き粉と言うのは、
実は不要なもので、正しい歯磨きをしていれば、歯は健康に保てます。
でも、それでは清涼感が足りないので、このような歯磨き粉が一般的となっているのです。


また、最近はフッ素の含まれる歯磨き粉も多くありますね。
これらは、虫歯予防に効果があるとされ、歯科でも、良く使われています。


一時は、斑状歯(はんじょうし)などの副作用の問題から、
フッ素は良くないという見方もされていたのですが、虫歯に対する
予防効果は高く、特に子供たちの虫歯予防に役立てられています。
うちの子供たちも、歯科へ行った時にフッ素を塗布してもらい、
予防を行っています。


更に、歯磨き粉には発泡剤が使用されていることもあるようです。
発泡剤と言うのは、泡立てるためのものです。良く洗える実感が、
起きるものですが、本当はこちらも不要な成分として見られています。


PR)女性の綺麗な肌は顔そりから
http://xn--d9jwey637a.biz/



美容

関連エントリー
歯磨き粉がもつ役割について
カテゴリー
更新履歴
日焼け止めを多めに念入りに(2016年1月26日)
耳ツボ(2015年4月16日)
頭痛について(2015年3月 5日)
問題提起映画(2014年8月14日)
生活保護のシステム(2014年8月14日)